レーシック難民についての正しい理解

レーシック難民についてのサイト

このサイトは、昨今問題視されるレーシック難民について紹介していくサイトです。
正しい知識を身に着けることによって、無用なトラブルを避けることができます。
また、トラブルに直面した際にも適切に対処できるようになりますので、レーシックに関心がある方は、事前に正しい知識を身に着けるようにしましょう。

レーシックとは

昨今話題となっている目の治療法に、「レーシック」というものがあります。
レーシックとは、角膜の屈折率を変化させ、視力を向上させる手術のことで、最近日本でも認可されるようになった手術法のことです。
レーシックによる視力向上効果は高く、1.0〜2.0まで視力を底上げすることができます。
この高い効果から、年々症例は増えており、レーシック手術を行う眼科も増加傾向にあります。

レーシックが人気な理由は、高い視力回復効果だけではありません。
手術に対する需要の増加によって、手術費用が下がり、手軽に手術を行いやすくなったことも、人気の理由です。
このように、高い効果と低コストを併せ持つレーシック手術ですが、その実、問題視される部分もあります。

レーシック手術の失敗とレーシック難民

レーシック手術は、基本的に成功率がかなり高い手術とされています。
実際に、症例のうち90パーセント以上は成功とされており、信頼性はかなり高いです。

しかし症例が多い分、失敗例も数多くあります。
視力の過矯正や矯正不足、感染症や合併症の発症など、手術による弊害が見られるケースが多く報告されています。

トラブル時には、適切な対処によって治療することが望まれますが、適切な処置が行なわれないままでいる患者も多いのが現状です。
このような、レーシックによるトラブルに巻き込まれながらも、対処できないでいる患者は、「レーシック難民」と呼ばれています。
レーシック難民にならないためには、事前にレーシックに対する知識を身に着け、トラブル時に対処できるように備えておくことが大切になります。

レーシックの安全性も参照のこと